Kizen DiaryII » 滑り止め(シートポスト編)

滑り止め(シートポスト編)

自転車

くもり 21℃


この前のBRM102高松400でシートポストが8mmも下がっていて
右アキレス腱と左膝を痛めた。
左腰もそれまでは2時間くらいもったけど、30分位で重たくなる。
右アキレス腱は踏み込み続けると違和感が。

純正のシートポストにクランプなのに。。。

昨日も120キロくらい走って2~3mm下がっていた
回していてわからんか。。。わかるよ!

ネットサーフをしていると
フィニッシュライナーのこれがおススメのようなので


ポチ 

遅すぎた もっと早く使うべきだった
シートポストをサっと水洗いして乾かし、脱脂
軽く締付けられる面に薄〜く延ばして塗る
グリス的な感触、んー、グリュー的かな、そしてなにかつぶつぶが入っている。
もちろん、シートポストを入れ込む方も、綺麗にしておくことは言うもでもない。
挿入して行くと、当然溢れ出てくる部分があるので、締付後拭取る。
締込みはトルク管理を、それと推奨は二硫化モリブデン入りの潤滑剤を使うようですが、グリスを薄く塗って閉めました。
増締めされた時にボルトが若干曲がっていた、そうなるとトルクレンチは規定締付トルクに達する前に「カチ」となってしまう。この場合はトルクレンチは当てにならなくなる。
何でもかんでも締めりゃーええもんでもない。
トルク管理は重要ですが、その前にボルト、ナットの潤滑もお忘れなく!

テスト結果はBRM426青山高原300で
20140507-085752.jpg

BRM426青山高原300 問題無し
結構ガタガタ道があった

しらす海鮮丼アワジ120ライド 問題無し

500キロ前後、適度にガタガタ道も織り交ぜて走ったけど問題なしのようだ?!?

 

 

« »

コメントを残す