Kizen DiaryII » BRM426青山高原300 前編

BRM426青山高原300 前編

自転車

晴れ 17℃


装束にはいつも悩まされる
20140501-145348.jpg週末のルート上の天気予報は気温最高24℃、最低14℃と
10℃差なかなか難しい。。。
日中24℃だと陽に晒されっぱなしで、自分自身も回して発熱するから30℃?35℃、はたまた40℃???
まぁ〜風にも吹かれるから30℃くらいかな?!?

8:00スタートの部なので、走り出しは15℃位かな
陽に晒されたくないので、長袖薄手のジャージ
インナーはパワードメッシュで汗戻りを防ぐ
体が暖まるまではとインナーをもう一枚、昼に脱げばいい
それと、坂を激下りしてタイムロスを取戻すので、防風ベスト ・今回防風ベストでは夜坂を下る時にはちょっと冷えた
それとキッドニーガード
(もち、お腹を冷やさないように)

下はSugoiのRSビブ半パンにAssosのレッグウォーマーに靴下は同じくAssosの夏用ソックス

グローブは適当に破れかぶれになっているMTB用の長指タイプ、結構風通しがいい
夜はインナーを一緒に

脚周りはRimeMTBにTime Atac XC これで、こんな坂、あんな坂をテクテクギヤーでストレスフリーで登れる
300キロも走れば嵌め外しも慣れたかな、走行中は上がりでなかなか嵌らなかったけど

20140501-151531.jpg車体、装備は雄の山峠復路、忍っ坂峠と青山峠に備えて
サドルバックはOrtliebLからスペシャの大に、ちょっとでも軽く
OrtliebだとSくらいかな
夜に激坂下りを想定されるからライトは3点にメットライトも、軽さも大事だけど、安全第一!
Volt300、中華激光ライトにHL-540

LEDライトベストは悩んだ末にお留守番に
テールはMagnic Light Red、これはトンネルに入る際にも降りて点灯作業をせんでもかまへんし
Exprosure Redに猫目の振動で点灯するのをサドルバックに、本体に2ヶ装着しているので車検はOK、それとサドルバックに取付けたのは反射板効果もあるので、適材適所

20140501-145310.jpgそして今回はBRM600で2時間は仮眠を取る為に3時間のマージを稼ぐよう走って見ようと衣父さんよりアドバイス
チェックインに30分、アウトに30分かかるからトータルで3時間、なーるほど!
そこで、それを意識しても走ったら忘れるので、各PCなどでの到着希望時間、滞在時間を、もちろんコマ図にも

これで装束、脚周り手周りに装備OKか

20140501-153850.jpg

そうそう忘れてはいけません、花粉症対策。
3日前までは生薬のタウロミンを日に3回
それからクラルチンを日に2回と目と鼻洗浄
アルガード目薬を持参予定(当日は忘れた(^o;;

>後編に続く


« »

コメントを残す