Kizen DiaryII » BRM102高松400 夜明 実録 後半

BRM102高松400 夜明 実録 後半

自転車


今回はほぼ往復コース、そしてヘタレても電車が走ってない区間多々あり 爆弾
輪行袋、フェリーお風呂用バスタオルとリュックはコインロッカーに
300円也¥¥¥
戻ってきた時には¥¥¥¥¥¥600円也
3日、4日は24時ちょい前過ぎてので、2日分。あゝ
前進あるのみ 自転車
{05780472-9288-4AB6-8864-17804FEE68F2:01}

今年はブルベカードは基本に立ち返って参加者本人が記入するようなりました(オダ近より引用)

まず、カード内のタイム記入欄に自身がタイムを記入して
チェックの方のサインをもらう。
その証がコンビニのレシートとなります
出走前に、ふくらはぎ、足首やアキレス腱にオイルマッサージを

{9FA261F2-CD6B-4733-BF74-3F4C21807135:01}

まだ、快調に走れていた時に目についた LED群
iPhoneではなかなかうまいこと撮れなかった結構時間ロスト

PC1徳島県庁前ローソン 23:40 貯金1時間28分

             (あまもりさんご提供) まだ多くのブルベの人たちと一緒です   日中は結構穏やかな陽気で暖かかったが、夜間になると放射冷却効果で相当冷え込んできました

監督と雑談しながら、今夜はそこまで冷えんでしょう ニコニコ ひらまつ監督が試走したときには-5℃ 今回は-3.3℃を八百吉くんが記録 ガーン   途中でバッテリーが切れたので、ひょとしてもっと低い地点があったかもしれない   余談ですが、聞いたところよると、ひとは親しみを込めてブルベの申し子、台風を呼ぶ男と呼ぶ、某K氏はサンダルで冬でも走っとるらしい…     そこでさぶさ予防、足攣り予防でトイレで太腿、膝にオイルを塗りに
生憎個室が使用不可だったので、洗面台の前で
数人方には大変お見苦しい姿を晒し失礼しました   個室が使えなかった為、この作業大変時間をくう、そして誰もいなくなっていた    それよりウインドブレーカー着た方がよかったかも

{55C9ABEB-1FE9-4EC0-9F1E-BF4440A02801:01}
3日 06:50 数人の方がでっかい望遠レンズでなにやら

そして、ブルベの人たちも携帯を構えていた

弥次喜多道中ならぬ野次馬kizenも
なんやなんやと夫婦岩 

みなさん夫婦岩の間から昇朝日のシャッターチャンスを狙っているようです

187.8km位のところ?!?

日の出07:04かな 

5分くらい待ってもう少し移動すれば

あれ、私と逆の方向に行くブルベな人たちが
エエ 既に 折り返しの方々

嗚呼、先へ進みましょう 鈍いくせして 快速ブルベな人と
同じことをしていてはあかん

急げ 写真ポイント no.1へ

ありゃー 八百吉くんからの警告
要補給

Oooopps! ケーブルが。。。
入れとった、2回確認したのに あ・ら・へ・ん
トップチューブバックに入れたのに
あ・ら・へ・ん

停止し再確認 ない ガーン

前進あるのみ 自転車


もう既に慌ててます
中岡慎太郎像が見えない
ビューポイントのカメラマークが
でも、見えない

もうちょい 先に

あった
{21C41EDF-71CA-42C1-AC34-4518641B89B9:01} DSC00472

K氏とひらまつ監督が 
ついでに自転車一緒に写真を撮ってもらったGH8rKeIPp1IwCS647wxgR9lKpXichLblblPmh4_FjC4=w594-h394-p-no

溺れるもの藁をも掴むでK氏にminiUSBケーブル持ってませんかときいてしまったパンチ!

ブルベは自分自身で完結しないといけないのに申し訳ないやら 情けないやらシラー

実はケーブはダウンチューブバックに直前に移動
すっかり忘れていました。。。家に戻って来て発見

そんな話をうどん県行きのフェリーで話していた

きたうら翁謹製
コマ図とiPhoneのGPS機能で走った距離を頼りに

しか~し iPhoneの状況が電波拾わない
距離わからない

前進あるのみ 自転車
 
PC2室戸へ
PC2 08:10 206.6km 貯金1時間38分
そんなんこんなんしながら貯金が10分も増えとる クラッカー
(-_^)あと半分 ❗️❗️❗️ (^_-)
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ここからが 大変だった

次の写真ポイントは第一展望台

どこやー 

{2DEAC8A6-7DAE-4E55-8E06-7A8FC1D6AB4C:01}
ここや 奥までいったけど どうも様子が違う ここでも結構時間ロス

そして次に

ここや 先に室戸阿南海岸国定公園・日和佐浦の案内板
そこで撮るのか、これ全然特徴無いし

{2BFC1FCB-91EF-4201-86C4-81D1E3DC9DE3:01}

何を目印に撮るのか。。。あせっているので ここも

{6126D136-716C-4109-B06A-6CFB3FEF167B:01}

そしてここも 

でも、もう、めちゃしんどい 息がしにくい

花粉症?!? PM2.5?!? フェリーで風邪か?!?
ハーハー、ゼーゼー状態


一番高いところもクリアーしたし

277.5km地点 PC2からもう70km以上走った

 完走を目指そう

めっちゃくちゃ 
無駄に時間費やした

前進あるのみ 自転車

 
それにしても 誰もいません
 
第一展望台へ向う途中に本日3回目のスタッフ車に抜かれました
 
実は、その時に第一展望台まであとどれくらいって聞きたかったのですが…
 
ナビ止まり、携帯電波拾ろわんけど
 
きたうら翁謹製のコマ図とQシートがあって、道は一本、阿波サンライン県道147上を走っとる
 
 
ハイ 前進あるのみ 自転車


PC3徳島県庁前ローソン 17:36  331.7km
貯金はアリャ 32分
どんだけ第一展望台探したんや
最後の人です

確かリンゴクマくんとすれ違った様な

(前半編でコメント頂いてました)


あと70km 今の状態では時間内完走無理かな

K主宰が後はちょっとした登りでしょと
あちゃー 彼のちょっとした登りは
私 には … 笑うしかありません
 
徳島市内は初詣帰りでしょうか結構車が
信号待ちで左に幅寄せされて停車しよるので、3、4台後ろで信号待ち
徳島市内の停止線は二輪が自動車より2~4m程前に引いてあり、そこに至るまでの数m先から道路左端に破線が引かれてえいます
それでも自転車の前進を阻止するかのように、左に寄せて信号待ちしよる
速報でも書きましたように

お尻が擦れて、すれてシッティングできん

でも、回す、回せ、回せば
70km ん、3時間で走れるかな?!?
O賀さんがいたら ここまで来たんやからと
また言われそうです
既に県道10号、そのどの辺りを走っていたでしょう
21:30 seizenより「むかえにいったろか」メッセージが飛んできた
そやな…でも、どっちにしても、ここらで待つ処無いし
(後日お礼を兼ねて訊くと既に淡路島まで渡って来てくれてたそうです。今度一緒にコース巡りましょう、何杯でもうどんご馳走するよ)
かれこれ3時間以上はPC3より走っとるし
すると
ついに、幻聴か 衣父か
「これからやん❗️」 ラジャー

Finish 22:33 26時間33分無事酸欠ゴール

{85C2079B-92BA-410A-89E2-EF5B3C10B908:01}

K氏に到着の連絡 チェック地点のジョイフルへ

嗚呼、お尻が痛い、いたい、イタイ
エ、まだ、3.1キロも。。。キロ
700mじゃないの。。。嗚呼

ゴール受付 404.7kmジョイフル上福岡店

          (あまもりさんご提供)   K氏より書き方説明書を参考にし ブルベカードを記載するようにと
ここでは手前に写っておられるブルベな方、福井ブルベ主宰の土田氏に、これら諸般の手続きをしている間、彼と同じ物を
注文していただき、次の移動地高松駅までの時間確保
お手数をおかけしました、ありがとうございます。   がばちょと注文し、写真を撮る間もなく、そそくさとがっつき、高松駅へ   コインロッカーより荷物を取り出す 
ありゃー24時まであと15分   フェリー乗場へ あとまた4キロ   また、また スーパーダッシュです
端から見れば カタツムリ速度ですが     アメ友でお知合いになったリンゴクマくんと 高松駅で再々度お会い出来たのに、ご挨拶できずに申し訳ない

正月4日 無事第1便に

そして、回復の友を

{02CDA30F-EA41-4D2C-94EB-0C831BFBB96F:01}
はい、寝落ち 気が付いたら 神戸三突

05:30自宅着 再度回復の友 そしてお風呂に

twitter、メール、メッセージおよびLINEを通して応援してくださった皆様

今回もまったく時間の余裕が無く返信出来ず申し訳ありません
皆様のご声援、応援のお陰で無事完走、無事自宅まで戻ってこれました。
ありがとうございます。

seizenわざわざ回収に淡路島まで出て来てくれていてありがとう
途中で連絡できず ご免

最後になりましたが、このコースを走る機会作って下さった、K主宰ありがとうございます。
このブルベの機会が無ければ、生きてる内にはきっと自分

« »

“BRM102高松400 夜明 実録 後半” への2件のフィードバック

  1. りんごくま より:

    高松駅にいたのは、帰りの電車の時間を調べていたのと、時間つぶしでした(あの時点で、5時間待ち)。
    管理人さん、フェリーの時間が迫っていたので、高松駅であまりお話できませんでしたが、コンビニ&ジョイフルで結構お話出来て楽しかったです。

  2. 管理人 より:

    >りんごくまさん
    イートインでうどんを食べながら、その時に初めてりんごくまさんとはっきりとしました。それまではなんとなく。
    それにしてもブーツフラぺ仕様にはびっくりしました。
    5時間待ちだったんですか。。。
    ゴール後もダッシュの連続で、それで結構ダメージが。
    もうちーと速く、そして登れるようにがんばるぞー!

コメントを残す