Kizen DiaryII » サドル探しの旅 其之二

サドル探しの旅 其之二

未分類


サドル探しの旅 其之一 が
あったかどうか忘れたけど、またまた何を思いついたか、ごそごそと始めてしまった。
オリジナルでついていたRomoin Expartで既に6千キロ以上は走ったと思うし。
ブルベ200を完走と200以上走ってDNFがそれぞれ一回共にし、また、道に迷って200キロ近くも走ったし、はたまた100キロ以上が6回と、お尻に馴染んだんじゃないかと、軽くこれだけで千キロ。
乗りだして約1年、身体の方が変化しているのかも。
そしたらサドル位置を高くしてみたり、前後してみたり、角度調整をしてみたりで、おお!!ってなポジションになるんとちゃうんとも思ったり。
あかんかったんはfizikのkurve chamereonを試したときから。。。顛末記あり。
SpecializedのやぐらにChamereonちゃんが取付かないことから、あれこれとシートポストを含めて、旅にでてしまった。
今回は少なくとも40キロ以上で、巡航30キロ以上を試したり、登りもそれなりに。

photo:01


このsellaで100キロちょい走った、悪くない

photo:03



Prologスクラッチ プロ ひと漕ぎひと漕ぎがタイヤに伝わっている感じが

photo:11


指で触ったり、押したりは柔らかく感じるけど、10分位で猛烈に痛くなった。
調整を丹念にすれば、どうなのかな、タイヤに漕ぐ感じが伝わっていると感じるのに。
でーんと座ってしまう時があるからかな。。。でもカーボンサドルではデーンと座っても痛くない。
玄米黒酢さん所属のトリガラチームに感染拡大している、カーボンサドル

photo:09


ここ神戸にも罹患

photo:10


以外にも座った感じ痛くない。ただ、丸椅子に長時間座っていると、
坐骨の飛び出してきているところが痛くなるのと同じ箇所が痛くなる。
見た目もスッキリ、軽い、軽い!
もっと調整すればスッキリと乗れそう。。でも、これで400や600は。。
今夜試すのは最近Specializedから出たRomin EVO Expart

photo:07


プロショップのお兄さんふたりに

photo:08


トライアスロンのコーチがNeilPryde Allizeに
鉄人レースなら水着そのままに、自転車で180キロでしたっけ乗るので
サァー そろそろ決着を付けたいな。。。
fizik kurve bull x 1 Soft / Hard アタッチメント取外しレバー無し。
(放出)

カーボンサドル x 1 は (放出)
ヤフーオクか知合いにお譲り予定。
Kurve chamereonもなかなかいい感じだけど、Ortlieb 2Lが固定装着できないので、ブルベにはちょっと。
この前は自宅から自走で下見走1/2で204キロちょいを走ったときには全然問題なかった。
あと100でも200キロでも。
SpecializedのIn-Zert入りシートポストに取り付けられるように別のヤグラを注文済み、これが8月末にくるので楽しみ。でも、Ortlieb 2Lが。
Romin EVO Expertが合えばなぁー。。。そしたらヤグラアダプターいらんやんか!!!
写真は夜にセットしたサドルを寝起きにiPhoneで撮って、道々や休憩時間にアップしているので、あまり綺麗とはいえない写真で申し訳ない。
iPhoneからの投稿

« »

コメントを残す